2018年06月

夏のインナードライ肌とエイジングケア

2018年06月16日

夏のインナードライ肌とエイジングケア



いよいよ今年も最も熱い8月がやってきました。
そんな夏のエイジングケアのポイントのご紹介です

そんな時期ですが、最近、「ナールスユニバは、朝に使っても良いのですか?」とお客様からご質問をいただきました。

ナールスユニバは朝使ってよいのか気になる女性

ということで、今回は、 「保湿クリームは、朝晩使って良いの?」です。
答えを言えば、ナールスユニバをはじめ、保湿クリームを朝使うことに問題はありません。

ただ夏は、化粧水などよりべたつきの多い保湿クリームを朝に使う方は少ないのではないでしょうか。
では、どんな場合、朝でも保湿クリームを使う方が良いのでしょうか?

夏は、湿度が高く基本的には、お肌が乾燥しにくい季節です。
だから、普通肌や脂性肌の方は、化粧水や美容液だけでも、お肌が潤っているでしょう。

そんな場合なら、無理に保湿クリームを使う必要はありません。
また、夜だけ使っても良いのです。

ただ、エアコンが効いた部屋に朝から晩までいる場合などは、軽めのテクスチャーの保湿クリームを朝から使うことも良い方法です。

保湿クリームを使う女性

もう1つ気を付けたいのが、夏場のインナードライ肌。汗のかき過ぎ、洗顔回数の多すぎなどで、お肌の表面はテカテカで皮脂がいっぱいなのに、内側はカラカラの乾燥肌になる場合があります。

これは一見、脂性肌になったよう思えますが、お肌が表面を守るために必死で皮脂を分泌させている状態です。こんなお肌が、夏のインナードライ肌です。

もし、夏にインナードライ肌になった場合は、朝も夜もしっかり保湿するために、ナールスユニバなどの保湿クリームを使いましょう。

インナードライ肌についてもっと詳しく知りたい方は、「インナードライ肌の予防と改善の対策はエイジングケアで!」と検索していただければ、エイジングケアアカデミーの記事がお読みいただけます。

プロフィール
管理者:頭皮・毛髪のエイジングケア
<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集